ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを買う際に気をつけたい営業トークとは

今、ウォーターサーバーが人気になっています。今まではオフィスなどで設置されていたものが、多くの一般家庭にも普及し、定着しつつあります。そこには、環境汚染による水道水への不信感、タワーマンション増加などの居住空間の変化などが背景にあると考えられます。
では、実際にウォーターサーバーを買うとなった場合、気をつけなければならない営業トークはなんでしょう。まず第一に「経済的」という言葉です。確かに2リットルのペットボトルは170円程ですが、ウォーターサーバーなら120円程度です。しかし、そこには、サーバー本体の価格、電気代は含まれていません。契約期間に定めがあったり、キャンセル料が発生する場合もあります。ランニングコストだけでなく、トータルでかかる金額をよく計算しておいたほうが良いでしょう。次にウォーターサーバーを買うときに気をつけたい営業トークは「手軽さ」です。確かにタワーマンションに住んでいても高層階まで配達してくれます。ただ、女性ではタンクの交換が重くて大変だったり、予備のタンクを置いておく場所の確保だったりと、何かと手間のかかることもあります。一度よくシミュレーションしてみると良いでしょう。最後に、ウォーターサーバーを買うときに気をつけたい営業トークは「安全性」です。確かに水の品質には自信があり、そこが最大の売りだとは思うのですが、ここで取り上げるのは、本体の安全性です。お湯の出るものなら、チャイルドロックが付いているものをおすすめします。小さい子供がいたずらをして、火傷をした、という話も聞かれます。
以上の注意すべき営業トークを踏まえて、よく考え、ウォーターサーバーのある快適な生活をおくって頂きたいと思います。
人気のウォーターサーバーランキング!安い活用術まとめプレミアムはこちら