カードローン

銀行カードローンの際の保証会社による審査について

銀行カードローンの多くは担保や保証人が不要です。これは保証人の代わりに保証会社と契約しているためです。契約者が万一借入金を返済できなくなったとき、代わりに銀行へ返済するのが主な役割です。そのため契約者の信用情報を審査する必要があります。
2010年に貸金業法が改正されてから、消費者金融業界は統廃合が進み、銀行と提携する会社も増加しました。銀行は消費者金融のノウハウを吸収し、利用しやすいカードローン商品を提供するようになりました。銀行カードローンで迅速な審査が可能なのは、消費者金融やその関連会社が保証会社となり、実質的な審査を行なっているからです。ですから現在では、銀行カードローンと消費者金融のカードローンの区別が曖昧になっているとも言えます。
とはいえ銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも厳しいと言われています。一般に銀行のほうが金利が低く、融資額が大きい傾向にあるため、それだけ審査も厳しくする必要があるわけです。同じ会社が審査していても、基準は同じではなく、金融機関によって変えているのが普通です。
なお新しく銀行カードローンを申し込んだとき、保証会社を同じくする消費者金融とトラブルを起こした履歴があれば、属性に問題がなくても審査に落ちる可能性があります。金融機関相互で情報が共有されているためです。返済の滞納はもちろん、過払い請求なども記録に残っている可能性があるので注意してください。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら